デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
モーメントに戻る

「クレメント」のご紹介

2013年9月30日
クレメントのご紹介

2013年秋、ザ・ペニンシュラニューヨークは、ダイニングエクスペリエンスを次なるレベルへと高める、栄えある賞の受賞ホテルにふさわしい新たなレストランをオープンさせました。香港上海ホテルズ社の代表取締役兼最高経営責任者、クレメント・クォック(Clement Kwok)にちなんで「クレメント」と名付けられたそのレストラン&バーでは、斬新なデザインとメニューのコンセプトを採用しています。マンハッタンの洒落たミッドタウンと、活気あふれる前衛的なダウンタウンの雰囲気が見事に融合するレストランでは、陽気でくつろげる空間で産地直送の食材を活かした品々をお楽しみいただけます。

料理長のブランドン・キダ(Brandon Kida)は10年以上におよぶ豊富な経験を活かし、「クレメント」にて多様な味わいと手法を組み合わせた料理の創作を追求いたします。レストランのバーでは、メインメニューに加えて、アジアの伝統を考慮した、アジアンタパス(小皿料理)を味わうことができます。“最高品質の素材をできる限り使用することにこだわります、とキダ氏は語ります。“ここ北東部では、豊かな四季の移り変わりとともに、大小さまざまな農園からすばらしいお肉や野菜が食卓へ届けられます。”

五番街に面した当ホテルロビーの中2階に位置する「クレメント」は、世界中のホスピタリティ、レストラン、リテール業界で時代を超越する芸術的なインテリアをデザインして30年の、国際的に知られたデザイン事務所、ヤブ・プシェルバーグによりそのデザインコンセプトが手掛けられました。

このページの先頭へ